中身を精査してカードローンの審査を比較しよう

銀行と比べると審査が通りやすい

カードローンの審査を比較する時には、よく中身を精査しなくてはいけません。実際に受けた印象だと、銀行のカードローンと消費者金融のカードローン の審査ではその内容は全く被ることがなく異なっています。銀行のものは厳しかったのですが、消費者金融のものはかなりゆるくて簡単に借りることが出来ました。ですから、銀行の方でカードを作る時にはより慎重に準備を進めておく必要があります。まず、銀行でカードの申請をする時には証明書類を幾つか提出しなくてはいけません。もちろん、申請をする際にはインターネットや自動契約機などではなく最寄りの支店に行って手続きをする必要があります。実際に利用した銀行のカードは、かなり高額な借り入れをすることが出来ましたので、そのための審査も厳格に行われました。具体的には、実際にどの程度の収入が存在するのかを証明することができる書類の提出が求められて、それと共に現在の会社に勤務してから何年が経過しているのかを証明する書類の提出も求められました。

カードローン 比較教育ローンガイド.com

お金に困った時の手段

銀行のカードの中には、住宅ローンなどの重要なローンを利用することが可能なものも存在し、実際に申請したものはその類のカードのサービスです。クレジットカードとはまた別のサービスであるため注意が必要になります。必要な書類を提出した後はしばらく時間が空きましたが、後日に合否を判定してくれますのでそれによって利用することができるかどうかがわかります。一方で、消費者金融の審査をする時には特に何の書類も用意しませんでした。唯一申請の際に準備したのが、自身がどこに住んでいて名前はなんというのかを証明するための身分証明証です。身分証明証とは言っても、その消費者金融で求められた身分証明証は運転免許証で良かったのでそれをカメラで撮影して提出しました。

つづく⇒手続きも簡単操作で誰でも解りやすい

☆TOP☆